ペニスサイズの測り方講座

ペニスサイズの測り方を間違っている人が多い

男下半身

実は、ペニスサイズの測り方を間違っている人が多くいます。
あなたは、正しいペニスサイズの測り方を知っていますか?

「俺は、〇〇cmもあるぜ!」とか「一気に〇〇cmも増大した!」と言っている方がいますが本当に正しい測り方で測っているのでしょうか?

どんな測り方をしたの?と聞きたくなりますが、長さや太さを測定するのはご自身ですからそれ以上ツッコムことができないのが現実です・・・。
プライドを傷つけてしまう恐れもあります(笑)

女性が「私〇〇カップあるんです〜」と言うのと同じですね。

女性の場合は、見た目で多少盛っているなとわかったりしますが、男性の場合、測定時が勃起時なのか通常時なのかで変わってきますし、実際に目で見て確かめるという機会はなかなかありませんので、当の本人が言ったことが正しいとなってしまうのです。

サイズは、ご自身で測るものですから多少なりとも誤差というのは出てきます。
しかし、なるべく正しい測り方で計測した方が、正確なデータが取れるますし、ご自身の実寸サイズまたは、ペニス増大の過程など正確な数字として見ることができるのでモチベーションのアップにもつながると思います。

ペニスサイズを測定するときの重要ポイント

ペニスのサイズの測り方は、まず今現在の最大値のサイズを測るということが基本になります。なので、測定時は限界まで勃起をさせた状態で測ります。いわゆるフル勃起状態ですね。

そして次に、測定時の姿勢です。
サイズを測るときの姿勢というのは実はとても重要なポイントで一番注意をしなければいけません。

姿勢が違うだけでなんと・・・0.5~2センチ程度は変わってしまいますので「毎回、同じ姿勢で測定する」というのが超重要です。

  • × 仰向けで測る
  • × 横になって測る
  • × 椅子に座って測る

上記の測り方では、毎回正確な測定が難しいので正しい測り方としては基本的に立った姿勢で測定します。 
さらに、立った姿勢でも背中を壁に当てて直立した状態にすることで毎回同じ姿勢を保つことが可能です。

これは、身長を測る時と同じ原理ですね。

測定するときの重要なポイントは理解できましたか?
それでは、実際に正しいペニスサイズの測り方について「長さ」と「太さ」に分けて解説していきます!

正しいペニスサイズの測り方

ペニスのサイズの測り方は「見た目のサイズを測る方法」「医学的なサイズを測る方法」の2種類の測定方法があります。

ペニスの根元に軽く当てて恥骨まで押し付けずに測定するのが「見た目の長さ」で、ペニスの根本の奥にある恥骨に当たるように定規を押し付けて測定するのが「医学的な長さ」でになります。

ちなみに、医学的な長さの測定は、実際に泌尿器科でペニスの発育を調べる時に採用されている『恥骨基準測定法』です。

それぞれのサイズを知っておくことは、ご自身の知識にもなりますのでどちらのサイズも測定することをお勧めします。

正しいペニスの長さの測り方(見た目編)

背中を壁に当てて直立した状態で立ち、なるべく姿勢を保ったまま勃起したペニスの上側の根元(体の付け根)から先端までの長さを測ります。
この時に、体が垂直じゃなかったり背中が壁から大きく離れたりすると「毎回、同じ姿勢で測定する」ことができませんので、なるべく姿勢を崩さないように測定をしてください。

正しいペニスの長さの測り方(見た目編)

正しいペニスの長さの測り方(恥骨基準編)

こちらも、見た目編と同様に背中を壁に当てて直立した状態で立ちます。
姿勢を保ったまま勃起したペニスの上側の恥骨結合部まで強く押し当てた所から先端までの長さを測ります。

この測定方法は、体型によって左右されない測定方法ですので毎回同じ環境での測定が可能です。

正しいペニスの長さの測り方

ペニスの長さを測定する時に使うもの

メジャー
メジャー

ペニスの「長さ」を測る時は、メジャーを使って測定します。
定規で測るという方も多いとは思いますが、定規の先端は5mmぐらい余分に長さがあるので正確に測ることができません。

定規を使うのであれば先端から目盛りが始まっているものや竹のものさしを使用することをお勧めします。

正しいペニスの太さの測り方

ペニスの太さを測る方法は、「亀頭のカリの太さ」と「さお部分の太さ」と「さお部分の周囲値」の3箇所を測ります。

さおの部分はどこを測っても構いませんが、基本的には一番太い場所で毎回同じ場所を測定することが重要ですので、ご自身で場所を決めておきましょう。
根元の方が太い、全て同じ太さ、さおが曲がっているというように人によってペニスの形状が全く違うので、測定場所を決めて毎回同じ部分を計測するように心がけましょう。

ペニスの太さを測るときに使うもの

ノギス
ノギス

カリとさおの太さを測るのに便利なのが、「ノギス」という道具です。
持っている方の方が少ないかもしれませんが、ホームセンターなどですぐに手に入れることができるので正しい太さを測りたい方は是非、購入をお勧めします。

ペニスの周囲値を測るときに使うもの

巻尺
巻尺

巻尺は巻きつけて測ることができるもので、長さを測るときのメジャーとは違って、裁縫などで使われる柔らかくペニスのさおに巻きつけることができるタイプのものを使いましょう。

最後に

ペニスサイズの正しい測り方について解説しました。
今までやっていた測り方とは全く違ったという方も多いのではないでしょうか?

現状のサイズがどのぐらいなのか測ったことがない方は是非この機会にご自身のサイズを把握してみてください。

さらに、ペニス増大に取り組まれている方は、どの程度増大しているのかということを正しく測定するためにも「毎回、同じ姿勢で測定する」ということを忘れないようしてください。

それは【1度の測定で判断することは控えましょう】ということです。

なぜなら勃起したペニスの長さは常に一定ではありません。

体調がすぐれなかったり性的興奮・性的な刺激が足りない状態の勃起は本来の勃起ではなく、中途半端なサイズになっていることがほとんどです。

そのため、一回の測定で終了するのではなく何度か測った上での最高値を自分のペニスサイズとすることをオススメします。

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ

各教材購入者ページ

新しい記事はありません